スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
CONCEPT-趣旨

 「踊りに行くぜ!!inアジア」2009
JCDNアジア巡回プロジェクト vol.3


3回目の開催となる、今年の「踊りに行くぜ!! in アジア」は、チェンマイ(タイ)・バンコク(タイ)、クアラルンプール(マレーシア)、ハノイ(ベトナム)、プノンペン(カンボジア)の4カ国5都市で実施。
日本から森下真樹/星三っつ(三浦宏之+星加昌紀)×Haco/P’Lush/星加昌紀/黒田育世+松本じろ/Dance Theatre LUDENSの総勢6組のアーティストが巡回し、各公演地に地元アーティストが出演します。
さらに、チェンマイでは森下真樹、クアラルンプールでは黒田育世(BATIK)、そしてプノンペンでは岩淵多喜子(Dance Theatre LUDENS)による、現地でのクリエーション・ワークショップ作品も同時上演し、ますますアジアにおけるダンス交流を加速させていきます!!

趣旨
JCDNでは設立当初よりこれまで、精力的にアジア各国とのダンスによる文化交流を進めてきました。
アジア各国においても、コンテンポラリーダンスの波は生まれており、これまでの伝統文化を継承していくことと並行して、現代において新しいダンスを生み出していくことの重要性が言われています。しかし、いくつかのプロジェクトを行う中で、それぞれの国やアーティストが孤立して活動している状態を感じました。

日本においてこれまでは、欧米とのダンスの関係性は築かれてきましたが、アジア諸国との関係はまだまだ薄く、様々なダンス文化が息づくアジア諸国との相互影響が、日本のダンスの発展に対しても必要だと思いました。というのも、日常に欧米からの情報やモノが溢れる私たちの社会を反映するように、ダンスにおいても同様に、これまでの多くの日本のダンスが西洋のダンスをベースに成り立ってきました。伝統文化以外では唯一、舞踏≪BUTOH≫が日本独自のオリジナルとして欧米に輸出され世界に認知されているのが現状です。しかし21世紀を迎え、日本の私たちが真にオリジナルなダンスを生み出すためにも、改めてアジアに目を向け、互いに刺激し会える環境を創りたいと考えています。

どのような形でアジアの国々とのプロジェクトを継続的に行うことが出来るのか、かつアジアのダンスネットワークをいかに築いていくのかを考えるうちに、日本国内で確実な成果をあげている「踊りに行くぜ!!」の方法論をアジアの中でも具現化していくことが、互いの関係を継続していく最善の方法のひとつではないかという考えに至りました。

そうして2007年、「踊りに行くぜ!!inアジア」 vol.1をマレーシア(クアラルンプール)、タイ(バンコク)、フィリピン(マニラ)、インドネシア(ソロ・ジャカルタ)にて、また2008年vol.2として「踊りに行くぜ!!inインドネシア」を、デンパサール、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、バンドンにて開催しました。

いずれの公演も、各地で大きな反響を得ました。他のアジア諸国のコンテンポラリーダンスには伝統芸能あるいは欧米の影響が強く現れる中、伝統・欧米どちらにも属さない、新たなあり方を模索する日本オリジナルのコンテンポラリーダンスが新鮮かつ刺激的であったと、各都市で高い評価を得ました。また、2007年vol.1が評判を呼び、翌年3月には「踊りに行くぜ!! in中国(北京・広州)」が実現しました。

そして今回2009年度は、2007年に巡回したバンコク(タイ)、クアラルンプール(マレーシア)に加え、新たにチェンマイ(タイ)、ハノイ(ベトナム)、プノンペン(カンボジア)を巡回します。

また本ツアーでは、日本人振付家・森下真樹がチェンマイに、黒田育世(BATIK主宰)がクアラルンプールに、岩淵多喜子(Dance Theatre LUDENS主宰)がプノンペンに、それぞれ7日-10日間程度滞在し、クリエーション・ワークショップを行い現地のダンサーと作品を創作し各都市にて上演します。

このクリエーション・ワークショップは、2008年インドネシアツアーにて、初めてジャカルタ、ソロで行いました。
ジャカルタでの康本雅子による作品は、「踊りに行くぜ!!」上演終了後すぐに、現地参加カンパニーNamarina Youth Danceから「ふたたび上演したい!」という強い希望をいただき、カンパニーのレパートリー作品として2008年11月に再演されました。

このように、すでに国際的に活躍しているアーティストだけでなく、東南アジア各国の新進、若手振付家・ダンサーとの交流の場が生まれ、このワークショップを経験した振付家・ダンサーが、自らの作品を創作する新たな契機になるよう努めてきました。

今回、初めて開催しますプノンペン(カンボジア)は、これまでポル・ポト政権の間に失われた古典舞踊の復興と上演に活動の主眼がおかれてきましたが、近年はカンボジア独自のコンテンポラリーダンスを創作する若手アーティストのコミュニティが生まれつつある状況にあると聞きました。同様に初開催となるハノイ(ベトナム)は、いくつかの国営カンパニーが存在しつつも、モダンやバレエが主流にある状況です。

今回のツアーは、ハノイにおいては日本のコンテンポラリーダンスとの交流企画が行われる初めての機会となります。また、カンボジアにおいては日本人アーティストによるクリエーション・ワークショップが初めて開催されることで、日本とカンボジアのコンテンポラリーダンスによる交流の第一歩となるでしょう。公演以外にも日本人アーティストによるワークショップや現地アーティストによるタイ古典舞踊等のワークショップなどのプログラムを行い、より深い交流と相互理解を目指します。

一方通行ではなく、互いに理解を深めながら刺激しあえる具体的な事業として「踊りに行くぜ!!」を継続的に開催することで、常に各国のアーティストや文化機関と関係を維持し、アジア間のダンスのネットワークを創り上げていきたいと考えています。

2009年7月
NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
エグゼクティブ・ディレクター 佐東範一
アーティスティック・ディレクター 水野立子



「踊りに行くぜ!!in アジア」の目的
●    継続的なアジア間のダンスのネットワークをつくること
●    アジアのダンスアーティスト間、主催者間、ダンスアーティストと主催者間の新たなコミュニケーションが生まれること
●    アジアのダンスアーティストが互いに刺激しあうこと
●    アジア各国の観客にとって、新しいアジアのコンテンポラリーダンスに触れる機会をつくること
●    コンテンポラリーダンスという言葉を必要としない現代の舞台芸術を通して、アジアの政治的、文化的垣根を越えた新しいアジア間の国際文化交流を築くこと

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
開催クレジット
全体企画・制作・主催:NPO法人Japan Contemporary Dance Network
平成21年度文化庁国際芸術交流支援事業(二国間交流・海外公演)
日メコン交流年2009認定事業(タイ・ベトナム・カンボジア)

(1) チェンマイ公演
共催:国際交流基金バンコク
制作:CNX ART CONNEX
協力:チェンマイ大学人文学部日本研究センター、
    ワンダリング・ムーン・シアター

(2)バンコク公演
共催:パトラヴァディ劇場、国際交流基金バンコク

(3)クアラルンプール公演
共催:国際交流基金クアラルンプール、
   Akademi Seni Budaya dan Warisan Kebangsaan (ASWARA) 
  (アスワラ舞踊学校)
協力:在マレーシア日本大使館

 (4)ハノイ公演
共催:国際交流基金ベトナム日本文化交流センター
制作: Unesco Center For Culture And Sport Development

(5)プノンペン公演
制作:Amrita Performing Arts


We’re Gonna Go Dancing!! in Asia 2009
- JCDN Tour Project in Asia-vol.3


The 2009 tour by 6 Japanese groups, which is the third of "We’re Gonna Go Dancing!! in Asia", will visit five cities of four countries in the Mekong region: Chiang Mai, Bangkok, Kuala Lumpur, Hanoi and Phom Penn.
In this tour, three creation workshops will be held by Japanese artists’ choreography and the works will be presented: Maki Morishita in Chiang Mai, Ikuyo Kuroda in Kuala Lumpur and Takiko Iwabuchi in Phom Penn.
JCDN will develop the dance exchange in Asia, more and more!!


CONCEPT
Japan Contemporary Dance Network (JCDN), a non-profit organization, was founded in Kyoto in 2001, aiming to act as a bridge between the art of dance and society at large.  JCDN organizes various types of programs to encourage the flowering of dance within society, connecting dance artists, dance organizations, art foundations, venues, critics, and so on.

This project “We’re Gonna Go Dancing!!” has started in 2000 with eight artists touring four cities in Japan.  It keeps growing, and last year we toured 21 cities with 42 artists.  Together with organizers in each city, we have created a new exciting movement of contemporary dance in Japan.
From 2007, “We’re Gonna Go Dancing!!” went over the border and started to tour to Asian countries.

JCDN started “We’re Gonna Go Dancing!! in Asia” with aims of creating:
1. A sustainable dance network in Asia.
2. A new way of communication between artists, organizers, and artists and organizers.
3. An opportunity to Asian dance artists to stimulate each other.
4. An opportunity for audience to meet new Asian contemporary dance.
5. A new cultural exchange beyond political or cultural barriers with contemporary dance, the new performing art form that doesn’t require language.

This time 2009, being the third time in Asia, we focus on 5 cities of 4 countries include Mekong area; the exchange will be between Japan and each city in Mekong.  We are hoping to develop this project into larger scale, tour Asian countries with artists from those countries.  Also we are planning to operate this project every year.

Not only with the influence from the western world, contemporary dance is growing in their own style in each Asian country.  Although the importance of creating new dance form is much talked about in this modern age, artists and countries are often working in isolation.

Through “We’re Gonna Go Dancing!! in Asia”, we encourage dance related people in Asia to get together and cooperate, develop a fruitful dance network.  We strongly believe that influencing each other will make the field of dance in our own countries more active in a positive way.

We are very much looking forward to meeting you in Summer 2009.

Japan Contemporary Dance Network


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
Credit
- Whole Project -
Organized by: Japan Contemporary Dance Network (JCDN) 
Supported by: the Agency for Cultural Affairs Government of Japan in the fiscal 2009
Mekong-Japan Exchange Year 2009(Thailand, Viet Nam and Combodia)

(1) Chiang Mai
Co-organized by: The Japan Foundation, Bangkok
Coordinated by: CNX ART CONNEX 
In cooperation with: The Japanese Studies Center, Chiang Mai University
                                 The Wandering Moon Theatre

(2)Bangkok
Co-organized by: Patravadi Theatre, The Japan Foundation, Bangkok

(3)Kuala Lumpur
Co-organized by: The Japan Foundation, Kuala Lumpur
              Akademi Seni Budaya dan Warisan Kebangsaan (ASWARA)
In cooperation with: Embassy of Japan in Malaysia

(4)Hanoi
Co-organized by: The Japan Foundation, Hanoi
Coordinated by: Unesco Center For Culture And Sport Development

(5)Phnom Penh
Coordinated by: Amrita Performing Arts




Concept | comments(33) | trackbacks(0)
Recent Entries
Recent Comments
Archives
アジアのレポート更新中!
Search this site :